BLOGブログ

2018.05.15

ブログ

女性スタッフみんなで、『暮らしをより良くするための風水』を学びました

みなさん こんにちは。
5月8日に、一般社団法人 風水建築協会の風水建築コーディネーター 中野 友未奈先生を講師にお招きし、やました屋の女性スタッフ向けに【くらしの風水講座】を行っていただきました。風水建築協会は、建築と風水の関わりや結びつきを探求するとともに、風水を活用し生活環境の向上を図り その発展に寄与することを目的とした団体で、中野先生は認定講師として九州の工務店・リフォーム会社で一般の方向けに風水セミナーを開催されています。

 

 

今回の【くらしの風水講座】では、風水を占いではなく暮らしをより良くするための知識として、その歴史から基本的な考え方、また日々の暮らしの中に取り入れたい身近なものまで教えていただきました。その中の1つとして、朝起きたら窓を開け、寝ている間に出た悪い〝気〟を外に出し、外から良い〝気〟を取り込むというものがあり、スタッフ一同実践しています!

 

 

また、スタッフそれぞれの自宅の「きどり図」鑑定もしていただきました。「きどり図」とは住まいの間取り図をもとに作成する住まいの「気」の見取り図で、部屋の中を8つのエリアに分けどこにどんな気が流れているのかを色分けし、どこに何を置けば気の流れが整うのかをアドバイスしていただけます。講座では「きどり図」について学びつつ、真剣に自宅の「きどり図」とにらめっこして、寝る向きや位置など考えました。

 

 

10時~17時までと長時間でしたが、自分のことについてアドバイスをいただきながら楽しんで学ぶことができました。全員無事に修了書もいただきましたので、これからお客様に少しずつ暮らしに役立つ風水をお伝えしていきますね。